プロフィール

レインボウ

Author:レインボウ
大学生。
頑張って生きています。

絵は2万ヒット記念に「白狼の聖」さんから頂いたものです。素敵すぎて困る。次の絵をお願いに行くのか、この絵をしばらく続けるのか。実は悩んでいたりします。気に入ってるからね。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
CLANNAD 感想十八話
なんだかんだで、ほとんど試験直前まで記事を更新していたのですが、一応今回から凍結を解除してのブログ再開となります。
ここから、新しい流れを作れれば。
「CLANNAD」

                  「氷はとけて、想いはそらへ」


 杏シナリオと智代シナリオが終了しました。

 どちらのシナリオも、これまでの風子・ことみシナリオと同様に、

[杏] 板ばさみ→解放
[智代] 不干渉→向かい合い

 という形で、それぞれの成長(卒業)が描かれました。




[氷はとけて]

                      「青い氷と双子の妹」


 失恋というものを通して、藤林姉妹は「想い」を「解放」することが出来ました。
 「熱で固まった氷」をとかしたもの。それもまた、姉妹からの「熱」でした。



                      「完璧すぎたシーン」


 上の場面は、あまりにも完璧すぎたシーンでした。

 演劇部室に居ながらも、窓から外に出ている顔。
 キャンディーで閉ざした口。
 熱で固まった氷。
 完璧すぎて、欠落している、変化を起こせない空間。


 キャンディーは、ラテン語でCan(砂糖)di(型に流し入れて固める)であり、高温の加熱によって作られる。

 杏が抱いた高温の「想い」は、妹を想う姉という「型」に固められた。
 キャンディーはそれのメタファーであり、それが彼女の口を閉ざしている。

 たとえ口を閉ざしていても、彼女の心が「窓の外」にあることに変わりはなく。


 そんな「固まった氷」をとかしたのは、妹からの一言。
 「ごめんね」
 椋から杏に送られた「熱」は、彼女の「固まった氷」をとかし、とけた氷は溢れ出た。



 
                      「この表情がベスト」




[想いはそらへ]

                    「赤い空と並び立つ人」


 坂上智代。その名が示す通り、彼女は「坂の上を行く」少女でした。
 涙を地に溢したのは過去であり、今、彼女は想いを「そら」へと還す。



                   「坂の途中で想いを溢す」


 智代も、杏と同様に家族からの「熱」によって「固まった氷」をとかします。

 おなじみの春原ギャグ。そこでの朋也のセリフ、
 「偶然っておそろしい」

 「偶然」とはつまり、自身ではどうすることも出来ない「外的要因」のことです。
 それは、智代シナリオでの両親の離婚であったり、杏シナリオでの朋也・渚への確信であったり。

 その「偶然」に対して、智代も杏も「固まった氷」を作ろうとします。
 ですが、鷹文と椋は「偶然」、「外的要因」を受け入れて、そこから自身の「選択」をする。


 「偶然」は、どうすることも出来ないかもしれない。
 だけど、「選択」をすることは出来る。


 椋は、姉へ「熱」を伝えるという「選択」を。
 鷹文は、川へ「飛び込む」という「選択」を。


 それらの「選択」を受けて、杏と智代は「固まった氷」をとかし、涙を地に溢します。


 そこからさらに、坂を上り成長した智代は、今回のラスト。
 坂の上(光坂高校)にて、想いを「そら」へと還して行く。




[氷をとかして、想いをそらへ]

   「さりげないシーンだけど、智代の成長と藤林姉妹の解放、可能性が描かれている」


 「固まった氷」をとかして、現実を受け入れる。
 そして、自身の想いを「そら」へと還すことで、新たな「循環」を作り出す。

 この「循環」は、「生命の流動」と言い換えることも出来ます。
 CLANNADのギャグやキャラクター等の様々な要因をまとめる「空気」は、その「生命の流動」というものです。


 今までのシナリオはすべて、「固まった氷」をとかして、冬から春へと「循環」していくものでした。

[風子]  夢→現実
[ことみ] 過去→現在
[杏]   板ばさみ→解放
[智代] 不干渉→向かい合い


 このCLANNADという作品の核となっているものは、ここからの「循環」なのでしょう。

 現実を受け入れて、その想いを溢すだけではなく、「そら」へと還すことで、「せかい」を「循環」させていく。

 今までは、単なる成長(卒業)物語だと思ってこの作品を観ていたのですが、どうやらもう一段階踏み込んだところまで描いた作品だったみたいですね。

 相変わらず綺麗な作品です。




[杏・智代シナリオについて]

                    「智代があまりにも美しい」


 ・涙、川、コーヒーなどの「水」の描写によって描かれた「解放」と「循環」。
 ・智代の過去と杏の現在における構造の類似から、杏の今後の成長が提示されたラスト。
 ・テニスコートにおける意味の違い。 (智代―坂の上、杏―観客)

 これらのように、書きたいことがあまりにも多すぎてまとめることが出来ません。
 本当に素晴らしい濃度と完成度を誇ったラストでした。

 最後の杏の涙で全部持っていかれそうになるのですが、智代の空を見上げるシーン、俯かずに前に進む姿勢なんかは、智代好きでなくとも注目してもらいたいところです。


 渚ルートに進むという「現実」を受け入れて、僕も自身の「選択」をして行こうと思います。
 智代からスタートした感想ならば、彼女の意思を継がねば。
 最終回まで、きちんと記事を続けますので。




(少し補足)
「そら」へと還すという表現は、「昇華する」と変換して頂ければ。
スポンサーサイト


CLANNAD 感想 | 【2008-02-24(Sun) 12:43:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Amazon
ご支援頂ければ助かります。
とらドラ!
コミック版(2/27発売)

とらドラ6!
生徒会長選挙編
とらドラ!竜虎邂逅編
とらドラ2!腹黒転校生編
とらドラ3!水泳対決編
とらドラ4!実乃梨参戦編
スピンオフ!生徒会・番外編
とらドラ5!文化祭編
リンク
  • 白狼PunkRockerS

  • 記事が非常におもしろいのでオススメ。百合ネタが多め。ちなみに、僕は聖さんの書く絵が結構好きだったりします。うちの専属絵師(?)としてプロフィール画像を提供して頂いています。
  • 日がな一日ラらラら日記はーてなっ!

  • Sunithaさんにはお世話になりっぱなしです。僕とは異なる視点。そして僕よりも高い実力をお持ちです。最近は、以前にも増してその読み込みに驚愕。気が引き締まります。
  • サブカル・カムカム

  • かもめさんのブログ。ひとつひとつに対する真面目な姿勢が感じ取れる、非常に良い記事を書かれています。合格おめでとうございます。
  • りとまて

  • 考察系の記事を書かれている、なしおさんのブログ。非常におもしろい着眼点や読み込みに感動。京アニ作品の記事が多め。
  • RUNNER'S HIGH

  • ガンダム00の感想でお世話になっている侍改さんのブログ。しっかりとしたレベルの高い考察記事を書かれています。話題の種類も豊富。
  • たこーすけの、ちょろっと感想

  • たこーすけさんのブログ。CLANNAD感想でお世話になっています。僕とはまた違った角度からの記事がおもしろいのです。互いにネタが被る事もしばしばw
  • 焼きプリン定食(2個目

  • ここに立ち寄る時は、かりぷそさんの書いた「刺激的」な絵には気を付けないと。  油断してると、腕の一本持ってかれるよ! (←色んな意味で)
  • 月の満ち欠け

  • 夜裏さんのブログ。夜裏さんにはよくコメントを頂いています。反応が頂けるのは本当にありがたいことです。
  • 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

  • 智代連盟なる謎組織に参加して下さったきつねのるーとさんのブログ。いや、もっときちんと活動できれば・・・、スミマセン。
  • 人口精霊のちくちく制作記

  • 人口精霊さんの人形制作ブログ。智代連盟が切欠で、リンクを張らせて頂きました。確かに椅子に座った杏はカワイイ。
  • 時空階段

  • お世話になっているaruxu454600さんのブログ。こちらから、TBが届かないケースが多いのですが、観に行っています。ボクノコト、ワスレナイデネ。
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

  • 感想を書かれている作品数が非常に多いのですが、それにもかかわらず量も質もしっかりしています。僕も見習わなくては。
  • まるとんとんの部屋

  • 実はアニメ感想系のブログで、僕が最初に訪れたのはこちら。こうしてリンクを張らせて頂けるとは、何かと感慨深いものがあります。
  • ゲーム&アニメ感想館

  • kiyotaka1494さんのブログ。こちらも記事数が非常に多く、アニメだけではなくゲームなどの記事もお書きになっています。
  • 管理者ページ
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。