プロフィール

レインボウ

Author:レインボウ
大学生。
頑張って生きています。

絵は2万ヒット記念に「白狼の聖」さんから頂いたものです。素敵すぎて困る。次の絵をお願いに行くのか、この絵をしばらく続けるのか。実は悩んでいたりします。気に入ってるからね。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
CLANNAD 感想十九話+「共通構成」+「幻想世界考察2」
もうすぐCLANNADも終了。
作中でも、「哀愁」のようなものが漂っているような気がします。
別に智代ルートが終了したからではないはず。 ・・・たぶん。
「CLANNAD」

                   「季節が春から夏に移行」

 今回のポイントは、「作画」
 べ、別にシナリオで特筆すべき所がなかった訳じゃないんだからね! (←誤用)

 今回の作画変更。
 そこから読み取れるものを、風子シナリオ作画との対比を中心にして、上げてみようと思います。



[世界の中の二人]

                    「6話ではこんな感じ」 

                   「同じ場所を描いた19話」


 見ての通り、この場面以外でもそうですが、19話ではかなり離れたところに「視点」が置かれています。
 今までも「視点」については何度も言及してきましたが、この遠くからの「視点」についても同じように考えることができます。

・風子は「正面」から、多数の人物との「友達」の関係。
・ことみは「真横」から、朋也との「ふたり」の関係。
・智代は「隣」を空けて、そこに入る「並び立つ2人」の関係。



 これまでは人物を中心にして、「人間関係が作り出す世界」を描写してきました。
 それとは逆に、背景を中心にして「世界の中の人間関係」を描写しているのが今回。

 以前書いた「妄想」から観る「幻想世界」と組み合わせて今回の「視点」を観てみると、妄想や幻想ではない、「現実世界」の物語に入ったことを表す描写として、今回の「遠くからの視点」が取り入れられたのだと考えることが出来ます。


 人間関係によって「世界」が作られているのが、「渚ルート以外の世界」。
 「幻想世界の少女」にとって現実ではない、パラレルワールド。

 それに対して、渚ルートは「幻想世界の少女」にとっての現実の直線上にある物語なのだと観ています。 (少女が生まれた現実世界の過去が渚ルート)

・渚は「遠くから」の視点によって、「現実世界」を示唆。





               「風子シナリオ(第8話)の1カット目」


 感想八話でも書きましたが、第8話1カット目の水面に世界を映した描写は、その次のカットで「鏡に映った夢の風子」が描かれているのと同じように、「この世界が本物じゃない」ということを表していると考えることができ、そこからも渚ルート以外のシナリオはパラレルワールドであると観ることが可能となっています。




[各ルートの共通構成]
 感想十八話にて言及した、
 現実を受け入れて、その想いを溢すだけではなく、昇華させることによって、「せかい」を「循環」させていく。
 これがおそらく、「CLANNAD」の核となっている概念なのでしょう。


 「現実」から目を背けて、心を閉ざす。固まった氷を作る。
 それは、朋也と彼の父親、各ヒロインなどが共通して陥った状態です。

・風子  「夢」
・ことみ  「過去」
・杏  「応援する姉」
・智代  「不干渉」


 目を背けた、心を閉ざした。
 だけど、そんなつらい「現実」の中にこそ、大切なものはある。
 それも各ルート共通に描かれました。

・風子  「人との繋がり」
・ことみ  「両親からの想い」
・杏  「姉妹愛」
・智代  「家族の絆」



 渚が両親に謝らなければならないこと。
 それもおそらく、受け入れ難く、目を背けたいような「現実」なのだと思います。
 たぶん彼女の病気に関係したことなのでしょう。

 そして同じように思い出せない「劇のタイトル」が、「受け入れた先の大切なもの」に相当するものなのでしょう。

 ヒロインルートは共通で、
 「現実の受け入れ→家族愛の再発見」
 という構成なので、「劇のタイトル」も「家族に対するもの」だと推測出来ます。




[幻想世界からの脱却]

           「少女の精神世界、逃避世界が幻想世界なのだと観ている」

 「妄想」から観る「幻想世界」で書いたように、僕は少女の正体は朋也、渚の娘なのだと思っています。
 そして、少女ルートもヒロインルートと同じ構成を取るのではないでしょうか。

 「幻想世界」とは、彼女(もしくは2人)の精神世界のようなもので、その世界の中に閉じこもっている。
 その中で、「可能性」や「妄想」の象徴である「光の玉」に囲まれている。

 認めたくない「現実」からの逃避世界が幻想世界で、その「現実」が起こらない別の可能性(パラレルワールド、別ヒロインルート)に囲まれている。



 今まで「渚の病気」というカードを、ほとんどプラスにしか使ってこなかったのは、大きなマイナスを打ち出すタメなのでしょう。

 過激な言い方をすれば、「ヒロインを殺して生かす」のがkey作品の特徴なので、渚に対してはかなりキツイ展開になるような気がしています。


 そんな渚に対する「現実」から目を背けて「幻想の物語」を見てきたのだけれども、とうとう渚ルートという「現実の物語」に入って、今回。


 19話ラストでのロボットを作るという行為は、欠落しているものを取り戻そうというものであって、つまり「渚」に相当するロボットを作ろうとしているということです。

 たぶん、ロボットが完成したとしても動かないのだと思います。
 「現実」において渚はいない(もしくは、動けない)状態なのでしょうから。


 そのロボット創りの失敗をキッカケとして、幻想世界からの脱却が成されるかどうかはわかりませんが、最終的には2人(ロボットも幻想かも知れませんが)は「現実世界」へと帰り、そして「現実」の中の「大切なもの」。渚から受け取ったものを見つけるのだと思います。




[たったひとつの奇跡は]
 渚以外のヒロインルートがパラレルワールドなり幻想(妄想)なのだとしたら、そこでの奇跡も幻想(妄想)だという事になります。

 だったら、未だ起こっていない「現実世界」においての奇跡。
 奇跡を描くkey作品であるならば、「たったひとつの奇跡」を、本当の終わりに見せてくれるのかも知れません。

 少しだけ期待を持っておこうと思います。




 今回の記事は、特に妄想が多かったような気がする。
 智代分が摂取出来ない分、妄想でカバーしたらこうなった。反省はしていない。
 ・・・たぶん。
スポンサーサイト


CLANNAD 感想 | 【2008-03-04(Tue) 17:30:41】
Trackback:(2) | Comments:(2)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-03-04 火 23:54:48 | | # [ 編集]

>上の方
コメントありがとうございます。

承認制にしても良いのですが、少し手間がかかるのが・・・。
もうしばらく続くようでしたら、変更しようと思います。
2008-03-05 水 20:56:50 | URL | レインボウ #6.b9uQAc [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

杏「私の出番がほとんど無い…CLANNAD終わった」 椋「むしろやっとメインルートに入ったところなんだけど」
【2008-03-04 Tue 17:47:57】 | 白狼PunkRockerS
生徒会長に赴任した智代の活躍により、演劇部の活動が認められる。 幸村先生の指導により本格的に。 そして朋也は渚と同棲!?
【2008-03-05 Wed 17:09:58】 | ネギズ
Amazon
ご支援頂ければ助かります。
とらドラ!
コミック版(2/27発売)

とらドラ6!
生徒会長選挙編
とらドラ!竜虎邂逅編
とらドラ2!腹黒転校生編
とらドラ3!水泳対決編
とらドラ4!実乃梨参戦編
スピンオフ!生徒会・番外編
とらドラ5!文化祭編
リンク
  • 白狼PunkRockerS

  • 記事が非常におもしろいのでオススメ。百合ネタが多め。ちなみに、僕は聖さんの書く絵が結構好きだったりします。うちの専属絵師(?)としてプロフィール画像を提供して頂いています。
  • 日がな一日ラらラら日記はーてなっ!

  • Sunithaさんにはお世話になりっぱなしです。僕とは異なる視点。そして僕よりも高い実力をお持ちです。最近は、以前にも増してその読み込みに驚愕。気が引き締まります。
  • サブカル・カムカム

  • かもめさんのブログ。ひとつひとつに対する真面目な姿勢が感じ取れる、非常に良い記事を書かれています。合格おめでとうございます。
  • りとまて

  • 考察系の記事を書かれている、なしおさんのブログ。非常におもしろい着眼点や読み込みに感動。京アニ作品の記事が多め。
  • RUNNER'S HIGH

  • ガンダム00の感想でお世話になっている侍改さんのブログ。しっかりとしたレベルの高い考察記事を書かれています。話題の種類も豊富。
  • たこーすけの、ちょろっと感想

  • たこーすけさんのブログ。CLANNAD感想でお世話になっています。僕とはまた違った角度からの記事がおもしろいのです。互いにネタが被る事もしばしばw
  • 焼きプリン定食(2個目

  • ここに立ち寄る時は、かりぷそさんの書いた「刺激的」な絵には気を付けないと。  油断してると、腕の一本持ってかれるよ! (←色んな意味で)
  • 月の満ち欠け

  • 夜裏さんのブログ。夜裏さんにはよくコメントを頂いています。反応が頂けるのは本当にありがたいことです。
  • 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

  • 智代連盟なる謎組織に参加して下さったきつねのるーとさんのブログ。いや、もっときちんと活動できれば・・・、スミマセン。
  • 人口精霊のちくちく制作記

  • 人口精霊さんの人形制作ブログ。智代連盟が切欠で、リンクを張らせて頂きました。確かに椅子に座った杏はカワイイ。
  • 時空階段

  • お世話になっているaruxu454600さんのブログ。こちらから、TBが届かないケースが多いのですが、観に行っています。ボクノコト、ワスレナイデネ。
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

  • 感想を書かれている作品数が非常に多いのですが、それにもかかわらず量も質もしっかりしています。僕も見習わなくては。
  • まるとんとんの部屋

  • 実はアニメ感想系のブログで、僕が最初に訪れたのはこちら。こうしてリンクを張らせて頂けるとは、何かと感慨深いものがあります。
  • ゲーム&アニメ感想館

  • kiyotaka1494さんのブログ。こちらも記事数が非常に多く、アニメだけではなくゲームなどの記事もお書きになっています。
  • 管理者ページ
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。